居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. 自分自身の「育て直し」<5>  適切に自分を客観視する
 

自分自身の「育て直し」<5>  適切に自分を客観視する

自分自身の「育て直し」<5>  適切に自分を客観視する

自分自身の「育て直し」について、連載で綴っております。

 

自分自身の「育て直し」<1> 変容にはプロセスがある

自分自身の「育て直し」<2> 安全な場所ってどういうこと?

自分自身の「育て直し」<3>  感情と思考の違い

自分自身の「育て直し」<番外編> 〜Iメッセージ〜

自分自身の「育て直し」<4>  自己の確立、自己イメージの再構築

 

 

これまで、「こうあるべき」と考えていた自分ではなく、本当に自分が感じていること、本音に焦点が当たるようになると、「本当の自分」が顔を出してきて、涙が溢れたり、その邂逅に愛しさ、なつかしさを感じたり、靄が晴れていく一方で、これまでの自分像が崩れてくるため、不安になったり、心配になったり、どうしたらよいかわからなくて怖くなることもある、と書きました。

 

この段階で、適切なサポートがないために<育て直し>の道からドロップアウトしてしまったり、

さびしさ、不安ゆえに、心の重さを軽くしてくれる「何か」「誰か」に依存的になって、

また新たな人間関係の悩みを抱えてしまうケースも多いです。

 

今日は「適切に自分を客観視する」について書きます。

 

不安や心配、恐怖にかられているときは、人はとても視野が狭くなっています。

自分としては、客観的に自己を眺め、分析しているつもりでも、

不安や心配という枠組みの中でしか捉えることができていません。

 

過去から現在まで、自分自身がどのような想いで生きてきて、

今、自分の深い感情を見詰めることにより、自分自身のこころの中で何が起きているか?

そして、これからどこへ向かうか?

 

経験あるセラピスト、カウンセラーの力を借りて、それを俯瞰できるようサポートしてもらい、

今の状態に対する共通理解、共通認識をもって歩むことができると、

安心して、この不安定なプロセスを進んでいくことができます。

 

たとえば

「今、こんなに眠くて、動く気がしなくて、涙ばかりぽろぽろ出るのは、長いこと抑圧してきた感情が甦ってきたからで、悪くなったわけではない。これは、大きなショックの後の当然の影響で、ここからは、少しずつ回復できるんだ」

と現在の状態を先の展望と共に理解することができれば、大きな安心感となるはずです。

 

不安なときに確認できるようサポート役を備えておく。

それが賢い<育て直し>の道です。

 

…自分の感情を深く感じながらも、並行して、そんな自分を俯瞰するまなざしを持つ。

セラピスト、カウンセラーとの対話の繰り返しがあることで、<育て直し>の知識、知性を得ると共に、

自分の中に自分を俯瞰する新たな人格が育っていきます。



★     ☆     ★



次回は、「鏡としての他者の必要性について書きます。

 

私たちは、一人でいたら傷つくことはありません。
でも、一人でいたら、人と関わり合う歓び、人とつながる、通じ合う幸福もそこにはないのですね。

 

私たちは、人の中で、人と関わる中で傷ついてきた。
だから、人の中で、人との関わりを通して、その傷を癒してゆくのです。

 

それが自分自身の<育て直し>です。



さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約